ファームボランティアでの学び ④ ブロッコリーの植え付け

今回のアサインメントは、以前土を整えた場所にブロッコリー、カリフラワー、ケール、小松菜など秋冬野菜を植え付けること。

秋冬野菜は暑さが苦手なので、私たちが住んでいる北カリフォルニアでは最高気温が30度以下くらいになる季節に植え付けるのがおすすめ。

1週間前42度を超える猛暑が来た後、雨も降って、暑さが和らいだ今回植えることになりました。

ブロッコリー、カリフラワーは、トマトのように深く植えるのがポイントだそうです。

というのも実がなった時重くて折れることがあるのと、強風で折れたりすることもあるから。

また、しっかりと土を押さえつけて土がぴっちりと苗の周りを覆われていることを好むのだそうです。

穴を掘って、コンポストたっぷりと、一掴みのオーガニック肥料を混ぜ合わせたら、苗を深く埋めて、土とコンポストをかぶせてぎゅーーっと押し付けます。

これで完成!

ブロッコリーとカリフラワーは30センチくらいの間隔で植えました。

小松菜、ケールなどは20センチほどの間隔で。

水をたっぷりやって藁をひいたら完成!

その後はさっそく、私の畑の土も良くして秋冬野菜を植えてきました!

まずは前回習ったように、土をほぐして、コンポストをしっかりかけて、水をたっぷりかけます。

あわせて読みたい
ファームボランティアでの学び ③ 土の生態系を壊さずにバランスの悪い土を整える方法 今回のボランティアでは、夏野菜を取り除いた後の土を整えました。 土はふっくら柔らかいのが理想的。 粘土質、砂、腐葉土やコンポストなどがバランスよく混ざっている...

その後、もらった苗を植えました。

しっかり土を抑えて、藁をひいたらできあがり!

ちなみにコンポストはSummerwind Nurseryでオーガニックのものを購入しました。

ぼかしコンポストも、出来上がったら、順番に畑に埋めていってます!

あわせて読みたい
サンノゼ(アメリカ カリフォルニア州)のコミュニティガーテンで野菜栽培・家庭菜園開始 その⑨ 藁を... 今年の夏野菜畑は、去年より少し工夫したことがあります。 それは、藁をひいたことと、土をよくするためにぼかしコンポストを試し始めたこと。 去年は、どちらもやらず...

オーガニックの肥料は、アマゾンでいつも買ってます!

残りの場所には何を植えようかなー!と考え中です(^^♪。

楽しみ~!!

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次