とろける柔らかさ 紫キャベツの焼き煮込み【プラントベース/PBWF】

畑の紫キャベツも残りあと2個!

貴重なこのキャベツをどうやって調理しようか悩んだ結果、

焼いて焦げ目をつけた後、蓋をしてゆっくりオーブンで煮込む

Brasingという調理方法を試してみることにしました。

時間が少しかかりますが、簡単で放っておくだけです!

結果的に、柔らかくて、キャベツの自然な甘さが引き立った

美味しい一品に仕上がったので、レシピをご紹介したいと思います!

目次

材料

  • 紫キャベツ 1玉 (小さいなら6等分、大きいなら8等分に切る)
  • 塩 少々
  • 胡椒 少々
  • 玉ねぎ 1個 (千切り)
  • ニンニク 5片 (薄切り)
  • 野菜ストック 1カップ
  • 白ワインか日本酒 1/2カップ
  • ローレル 2枚
  • ドライハーブ(エルブドプロバンス、タイムなど) 小さじ1
  • 赤ワインビネガー 大匙1

作り方

  1. オーブンを350F(180C)に温めます。
  2. ルクルーゼやストウブのような厚底鍋を温め、キャベツを並べて、塩コショウをし、切れ目がこんがりするまで焼く。
  3. 焦げ目がついたらキャベツを取り出し、水を少し入れて、鍋についた焦げ目を落とし、玉ねぎを入れ、塩を少し加えて透明になるまで炒める。
  4. ニンニクを加え、香りが出てきたら、日本酒を加えて、焦げ目をこそげ落としながらアルコールを飛ばす。
  5. 野菜ストックとローレル、ドライハーブを加え、煮立てる。
  6. キャベツを⑤の上に載せ、赤ワインビネガーをかけて煮立ったらふたをして、オーブンで1時間半Braisingする。
  7. 1時間半するとかなーり柔らかくなってます!これで出来上がり!
  8. お皿に盛り付けていただきます(^^♪

ナイフがなくても余裕で切れます!

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる