隠し味はビール!コンテストで3位を取った、プラントベースとは思えない濃厚チリ!【プラントベース/PBWF/ グルテンフリー/ノンオイル】

会社のビルのオーナーが開催したチリコンテスト(英語ではCook-off)に参加してみました!

いつも通り朝5時にぱっちり起床して、2時間弱かけて仕込んだチリは、もちろんプラントベースです。

皆さんを驚かせたくて、あえてチリの名前は”My best chili”とつけて、プラントベースとかヴィーガンというのはかくしました!

思い込みで、「物足りなさそう」とか「まずそう」と思われたくなかったのが理由です。

人生でチリを作ったのは実は初めて!

しかもコンテスト参加も初めてです!

いろんなレシピを調べた結果、お肉の代わりに入れる材料とスパイスが決め手であることがわかり、自分好みに変えてみましたv

まずはそのチリのレシピからご紹介!

目次

材料(12人分)

  • たまねぎ 2個 (みじん切り)
  • チリパウダー 大匙3
  • スモークパプリカ 大匙1
  • ガーリックパウダー 大匙1
  • クミンパウダー 大匙2
  • ドライオレガノ 大匙2
  • 胡椒 少々
  • 塩 小さじ1
  • ビール 1本 350~500ml (黒、IPA以外がおすすめ)
  • 赤やオレンジの好きな色のパプリカ 2個 (みじん切り)
  • 角切りトマト缶(無塩) 1.3kgくらい(45oz)
  • メープルシロップ 大匙3
  • しょうゆ 大匙2
  • リキッドスモーク (Liquid smoke)小さじ1
  • 水 4カップ + α
  • レモンジュース 大匙2
  • キヌア(未調理) 1/3カップ
  • ブラックビーンズ、キドニービーンズ、ピントビーンズなどお好きな調理済みの豆 3カップくらい
  • クルミ 2カップ (切り刻んだもの)
  • 生か冷凍のコーン 2カップ (今回はホールフーズのFire roastedのものを購入してスモークさを追加しました)
  • トッピング用のアボカド、パクチーなど

作り方

  1. キャストアイロンの大鍋を温め、玉ねぎを透明になるまで炒めます。焦げ付く用なら水を少し足してください。スパイスは事前に混ぜておくと便利です。
  2. パウダー系のスパイス・ハーブと塩を加え、じっくり炒めます。ビールを少し入れて、焦げ付かないように5分ほどかき混ぜます。
  3. パプリカと残りのビールを加え、10分ほど煮込みます。
  4. トマト缶、メープルシロップ、しょうゆ、リキッドスモーク、水を加え、ふたをして30分ほど煮込みます。焦げ付かないように途中でかき混ぜてください。
  5. レモン汁、キヌア、豆、クルミ、コーンを加え、さらに1時間ほど煮込みます。汁けが足りないようなら水を足して、お好みの濃度に調整してください。

  6. 仕上げにアボカドやパクチーを添えてできあがり!

結果

さて、ルクルーゼに入れて持って行ったのですが、皆さんスロークッカーでその場で温められるようにしてました!(ガーン)

この時点でかなりハンディキャップ。だって温かいほうが美味しいですよね!

いろんなチリがありましたが、緑でチキンとごはんの入ったチリが一番人気でした!

とーってもピリ辛だったのです!

私のチリは、他と比べてもっとも味わいが深かったというのは自信をもって言えます。

お肉が入ってないのにうまみがあるんです。そして最もスモーキーでした♪

だって色々入れてますからね(笑)

ブースに途中立って、私のチリをよく食べてくれる人に、

「これプラントベースなんだよ」

といったら、

「え、ほんとに!?すごく美味しくて一番好きだよ!」

という反応がほとんど。

やっぱり隠しておいてよかった(苦笑)。

ひき肉の代わりに入れている、クルミとキヌアがいい感じだったよう。

食べ応えもありますからね!

しかも豆とキヌアの相性は、必須アミノ酸の観点からも最高!

というわけで、結果、3位をいただくことができましたv

スロークッカーがあれば、1位だったかも(爆)!

コンペティションに今後も参加するなら、スロークッカー必須ですね。

いい勉強になりました。

思い切って参加してよかったです!

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる