味噌と栄養酵母で風味たっぷり!手作りヴィーガン バジルペーストとパスタ【プラントベース】

もうすっかり秋の気配が出てきているシリコンバレーです。

皆さんのお住いの地域はいかがでしょうか?

夏が最盛期のバジルもそろそろ終わりかけの方も多いかな、と思います(^^。

先日友人から大量のバジルと梅酒をいただきました♪

そんな夏の風味、バジルを、ゆっくりと秋から冬にかけていただくには、やっぱりペーストにして保存しておくのが一番♪

プラントベースを始めるまでは、チーズ入りで作ってましたが、今は家ではすっかりプラントベース生活なので、今年は味噌と栄養酵母を使って、チーズがなくてもしっかりと風味のあるバジルペーストを作ることができました!

作ったペーストは、そのまま小分けにして冷凍しておくと、数か月もって、こまめに使えて便利ですよ(^^。

目次

材料

  • フレッシュバジル 葉っぱだけをぎゅーっと押し付けて3カップ分くらい
  • クルミ(軽く炒ってあるもの) 1/2カップ (他のナッツでもOK)
  • にんにく 2かけ
  • 栄養酵母 (Nutritional yeast) 大匙1
  • 味噌 大匙1
  • エクストラバージンオリーブオイル 1/2カップ
  • レモン汁 1/2個分
  • 塩コショウ (最後に味見して調整する)

作り方

  1. フードプロセッサーに、オイルと塩以外を全部入れて、撹拌する。
  2. オリーブオイルを少しずつ入れて、フードプロセッサーを回す。オイルの量は適宜調整する。
  3. 仕上げに味見して、塩コショウで調整したら出来上がり!

レンズ豆パスタに使ってみる!

できたパスタをシンプルに、パスタでいただくことに!

今回利用したグルテンフリーパスタは、トレジョで見つけた黄色レンズマメと玄米です!

レンズマメやひよこ豆などを利用したものは、たんぱく質の量が非常に多いので、プラントベース食生活の強い味方です(^^♪

さらにこちらは、豆と穀物を混ぜているので、必須アミノ酸の組み合わせもばっちりです!

グルテンフリーパスタのゆで方は、こちらをご参考にしてみてください。

あわせて読みたい
プラントベースなおもてなし③ グルテンフリーパスタを美味しくゆでるコツ!キヌアとひよこ豆のファラフ... 今回のランチコースのメインディッシュとして、トレジョで買った玄米とキヌアのパスタを、キヌアとひよこ豆のファラフェルをミートボールに見立て、自家製トマトソース...

豆だけのパスタよりも、癖が控えめなのもいいかも!と思いました。

お好みの硬さにゆでて、ペーストをお好みの量入れ、ゆで汁でソースを加減します。

畑で取れた最後の自家製トマトを一緒に絡めて出来上がり!

味噌と栄養酵母が入っているおかげで、チーズ入りに負けない濃厚さです。

友人にもとても好評でした!

バジルペーストは冷凍してあるので、これからもしばらく楽しめそうです♪

ごちそうさまでした!

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる