【万能の薬箱】今がシーズンのエルダーベリーでインフルエンザ対策 抗酸化物質たっぷりのシロップを作る

コミュニティガーデンで畑仕事したとある日。

共有エリアにあるまだ熟れていないピーチを収穫していたところ、ガーデンマネージャーのジムさんがやってきて、

「まだ食べるにはちょっと早くない?」

と聞いてきいてきました。

「これを砂糖で発酵させて桃酵素ドリンクを作る。熟れてないほうが甘すぎないからいい。」

といったら、

「そっかー、シロップ作るのが好きなんだったら、あそこにあるエルダーベリーでシロップ作る?エルダーベリー知ってる?」

という。エルダーベリー、聞いたことない。

この巨大な木が、そのエルダーベリー。コミュニティガーデンの横に生えていて、8月が旬なのだそう。

彼のおばあちゃんがこれを煮詰めてシロップ作ってくれて、パンケーキにかけたり、水で薄めて飲んでいたんだそう。

「作り方はインターネットで調べて。とにかく体にいいから。」

と言い残して去っていった。

さっそく、収穫開始。

実は濃いブルーベリーのような色ですが、白くなっているのは天然のワックス。

生で食べると毒なので、この辺に住むホームレスの皆さんは手を出しません(苦笑)。必ず加熱してから食すこと。

エルダーベリーはヨーロッパでは石器時代から食べられていたそうで、万能の薬箱と呼ばれていたそう。痛み止めや感染症の予防だけではなく、葉、幹、根の部分も傷ややけどのの塗り薬として使われていたそうです。(わかさの秘密より引用)

エルダーベリーにはポリフェノールの一種であるルチン、アントシアニン、ビタミンA,ビタミンCが含まれ、強い抗酸化作用があります。

一説によるとコロナ予防にもいいとか!?でも科学的根拠はないそうです(苦笑)。

こんな素晴らしいエルダーベリーをさっそくシロップにしてみることにしました!

オーガニックで、無料ですからね(笑)。試さない手はないでしょう!

たくさん収穫したエルダーベリー。わくわく。

ただし、実と枝を分ける作業が結構大変(^^;

袋に入れて冷凍したあと、台所のシンクに大き目のボールを置いて、ガンガンたたくかしごき落とすと、実が離れやすかったです。あとから濾すので、少しくらい茎が入ったりしても大丈夫です!

もし作るのが大変だったら、シロップもアマゾンに売ってますので、お試しを~!

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる