ケールと栄養酵母とカメリナオイルで最強!?フードドライヤーで作る、アンチエイジングケールチップ【プラントベース/ローフード】

スーパーフードのケールは、ビタミンが豊富、カルシウム、鉄分、たんぱく質、さらにはファイトケミカルの一種スルフォラファン(抗酸化物質)もたっぷりです!

ケールと栄養酵母についてはこちらへ↓

あわせて読みたい
栄養たっぷり神サラダ ケールとアボカドのもみもみサラダ 万能トッピングかけ【プラントベースレシピ】 こちらのスーパーではケールは非常に手に入りやすく、丸ごとも、カットも豊富にそろっています。日本でも最近売ってると聞いたのですが、いかがですか? ケールは栄養の...

普段私は毎朝飲むスムージーに一掴みのケールを入れて飲むのでそれで満足していたのですが、コーネル大学のプラントベース栄養学を習っているうちに、やはりもっと食べるべきかも・・・?と思い始めました。

目次

抗酸化物質の効果的な取り方

ケールに限らず、抗酸化物質(ビタミンA,C,E, 亜鉛、ファイトケミカル(ポリフェノール、カロテノイド、スルフォラファンを含む)など)が多く含まれているものには、スプラウト、ベリー類、カカオ、緑黄色野菜などありますが、まとめて摂取するよりも、一日に何度かに分けて食べることのが効果的だそうです。コーネル大学のプラントベース栄養学授業でキャンベル先生は、「一日に6回ケールを一掴みずつ食べてくれたらうれしいなー」とおっしゃってました。

大きな理由としては

1.まとめてとっても一定以上の栄養は体に吸収されないこと

2.一日を通じて私たちが活動するうちに、ストレス、食品添加物、タバコ、激しい運動、多量飲酒、紫外線などにより体内に発生される活性酸素を都度除去してくれる

です。

カリフォルニアに住んでいると日光には常にあたりますし、そもそも日光にはある程度は当たらないとビタミンD不足になりますからね。完全に活性酸素の発生を抑える生活をするのはおそらく無理。それなら活性酸素と上手に付き合う手段を取らねば。

そもそも40歳を過ぎると一気に抗酸化物質の働きが低下して老化の原因となるそうなので、アラフィフの私には、プラントベースによる抗酸化物質摂取は非常に重要!

カメリナオイル

というわけで、チップスにしてちょこちょこケールを食べる作戦を取ることにしてみたのです。フードドライヤーで113F(45C)で乾かしますので酵素や栄養分は残っているはず。

あわせて読みたい
便利なフードドライヤーで美腸美肌前菜!グアカモレ(アボカドディップ)の乾燥パイナップル載せ【プラ... フードドライヤー(Dehydrator)あると便利です! https://cookeatbehappy.com/2021/03/30/bbq-cauliflower/ https://cookeatbehappy.com/2021/04/14/soy-yogurt/ 購入...

スパイスをケールにくっつけるために少し油を使うのですが、今回は最近お気に入りのカメリナオイルCamelina Oil)を使ってみました!

このカメリナオイル、何がすごいって

  • オメガ3とオメガ6がバランスよく入っている(2:1)。
  • ビタミンEなどの天然抗酸化成分が入っており常温保存ができる。
  • スモークポイントが高い(475F=246C)ので、炒め物にも使える。
  • 癖は比較的少ない

と、今までのフラックスシード(アマニ油)、えごま油などの酸化しやすいという問題がない。

プラントベースの食生活でナッツ(くるみ)や種(フラックスシード、チアシードなど)からオメガ3は摂取できるので、実は油として取る必要はないのですが、やはり風味でちょっとかけたいときや炒め物で使いたいとき、酸化を気にしなくていいのがとてもうれしいです。コーネル大学の栄養学授業でWFPB/PBWFを叩き込まれた身としては、油なしな生活がベストなのはわかっていますが・・

長くなりましたが、これからケールチップの作り方を紹介します!

材料

  • ケール 大4枚
  • カメリナオイルCamelina Oil) 大匙1(エクストラバージンオイルやお好きなオイルでOK)
  • 塩 小さじ1/2 (精製塩以外。今回はオニオンソルトを使いました)
  • 栄養酵母 Nutritional Yeast) 大匙1
  • ターメリック 小さじ1
  • オニオンパウダー 小さじ1/2(私はオニオンソルトを塩がわりに使ったので省きました)
  • *味付けはお好きなもので代用可能です。

作り方 (所要時間6時間)

  1. ケールの茎を取って、葉を適当な大きさにちぎってボールにいれます。
  2. オイルでコーティングした後、塩とスパイスと栄養酵母を入れて混ぜ合わせます。
  3. フードドライヤーのトレーに重ならないように載せます。
  4. 113F(45C)で6時間。お手持ちの器具や最初の水分量によって渇く速度は違うので、様子を見ながら調整してください。
  5. 乾いたら出来上がり!

感想

オーブンでパリっとサクサクになるのとは少し食感が違って、外はパリっとしてますが、ケールの繊維質の噛み応えがあります。ゆっくりケールを噛みしめられるから、唾液が出て健康的かも。

油控えめで、ケールの苦みはそれほどなく、個人的にこういうのが好きなのでついつい止まらなくなって一気に食べてしまいました。ちょっとずつ食べるために作ったのに意味がない(苦笑)!

私たちの体は細胞でできていて、細胞は食べて吸収されたものから作られてますから、こうやって少しでも美味しく体にいいものを摂取して、できるだけ老化を防いでいきたいです。

次回は友人が来た時に作ってみよう。ごちそうさまでした~!

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる