食べても太らない!?ダイエットにピッタリ 豪快カリフラワーステーキ カリフォルニア風【プラントベース】

プラントベースクッキングスクールの課題ネタが続きます。

あわせて読みたい
ひよこ豆ファンに送る!ひよこ豆のパン(ソッカ)とモロッコ風ひよこ豆のシチュー【プラントベース】 プラントベースクッキングスクールは、先日無事にほぼ満点に近くで修了し、証書をいただくことができました。 それもこれも毎週末試食をしてくれた友人たちと、このブロ...

投稿が遅れてしまったせいでシーズンが終わってしまいましたが、今回はカリフラワーを豪快にステーキでいただくレシピです。まだお店で見かけたら美味しいうちにお試しください。

カリフラワーのカロリーは可食部100gあたりたったの約27kcal。そしてカリフラワーに含まれるビタミンCは熱しても壊れにくいそうで、美容を気にする女子にピッタリ!

食べ応えがあるので、おなかも心も満たされるレシピです(笑)。

しかもトッピングのドレッシングの材料は、カリフォルニア産の食材がメインです。オリーブ、オレンジ、干しブドウ!白身魚やチキンとも合うと思います。

目次

材料(2切れ分)

  • カリフラワー下ごしらえ用
  • 大き目のカリフラワー1房 ー 真ん中を2センチくらいの幅のステーキに切り落とすと2枚取れる。残りはご自由にお使いください。
  • ニンニク 4片 つぶす
  • レモン汁 1個分
  • 野菜ストック 2カップ半
  • 酒か白ワイン 1/2カップ
  • エクストラバージンオリーブオイル 大匙2
  • ローレル (Bay leaves) 2枚
  • 天然塩 小さじ1/2

ドレッシング用材料

  • お好きなタイプのオレンジ(今回はCala Cala) 1個 皮をむいて、薄皮を取り除いて、ぶつ切り
  • レモン半分の汁
  • グリーンオリーブ 6個 つぶして種を取り除き、ぶつ切り
  • ニンニク 1片 みじん切り
  • パセリ 大匙1 みじん切り
  • 干しブドウ 大匙1
  • エクストラバージンオリーブオイル 大匙3
  • 天然塩 少々
  • 胡椒 少々

作り方 (所要時間1時間)

  1. まずカリフラワーをオーブンで下ごしらえします。オーブンを350F(175C)に温め、9×11 inch (23x28cm)の耐熱容器にカリフラワー以外の下ごしらえ材料を全部入れて、カリフラワー2切れを載せます。
  2. オーブンで20分ほど焼いたらひっくり返して、あと15分ほど焼きます。
  3. 焼いている間にドレッシングの材料を混ぜて準備しておきます。
  4. カリフラワーが焼けたら取り出して、キッチンペーパーで表面の水分をふき取ります。
  5. フライパンにオリーブオイルを中火で温め、カリフラワーを片面4-6分焼き色がつくまで焼きます。
  6. 両面にこんがり色がついたら取り出して、お皿に盛り付け、ドレッシングをかけて出来上がり!

感想

カリフラワー、おっきい!!!

と思って食べ始めましたが、美味しいドレッシングと白ワインがお供だと、あっという間になくなってしまいました!

すこしアルデンテ目に火を通しておくと、歯ごたえがあって美味しいかと思います。芯の部分も食べられました。

オレンジのさわやかな酸味と甘さ、上質なオリーブオイル、オリーブの塩気、レーズンの甘味がうまく調和し、ニンニクとレモンで味が〆っています。

松の実があってもさらにアクセントになってよいかもしれません。

大満足の一品でした。ごちそうさまでした~!

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる