サンノゼ(アメリカ カリフォルニア州)のコミュニティガーテンで野菜栽培・家庭菜園開始 その③ 種と苗の購入、植え付け

前回、契約までと、準備までお話しました。

あわせて読みたい
サンノゼ(アメリカ カリフォルニア州)のコミュニティガーテンで野菜栽培・家庭菜園開始 その① 問い... 3月初旬に、複数あるサンノゼのコミュニティガーデンの一つのうちの200sq(=18.6平米)の土地の契約をして、耕して、フェンスのインストールを終わらせ、やっと昨日、野菜...
あわせて読みたい
サンノゼ(アメリカ カリフォルニア州)のコミュニティガーテンで野菜栽培・家庭菜園開始 その② 畑の... 前回、場所を見つけて契約するところまで記載しました。 https://cookeatbehappy.com/2021/04/12/veggie-garden1/ 今回は、土地を耕す、コンポストを混ぜ込む、フェンス...

今回は、種や苗を選んだ場所、植え付け、便利道具についてまとめたいと思います。

目次

購入前の準備

まず、畑の大きさに応じて、何を、どこに、どのくらい植えたいか、を決めておく必要があります。

私は以前家庭菜園を持っていた時から、手書きで紙に畑の図を描いて、写メを取っておきました。

これが便利なのは、苗・種を選ぶときと、植えるとき、次の植え付け場所を考える時です。

例えばナス科の野菜(トマト、なす、じゃがいも、ピーマン)は、同じ場所に続けて植えると、連作障害を引き起こす代表格です。他にも以下のような野菜に注意が必要です。

マイナビ農業から抜粋

私は幸い、ガーデンマネージャーが隣の畑で、私のPlotのどこにトマトが去年植わっていたかを覚えていたので、どこを避ければよいか教えてくれました。ただ、その前の年のことや、それ以外の野菜のことまでさすがに彼は覚えておらず、運に任せるしかありません(苦笑)

またその逆で、コンパニオンプランツ、も存在します。近くに植えると、お互いの成長を助け合う植物のことです。

トマトとバジルは代表格。コーンと豆、ペッパーとバジル、コーンときゅうり、にんじんとたまねぎなどなど。トマトとコーンは相性悪いです。詳しくは↓をご参照ください。

https://www.farmersalmanac.com/companion-planting-guide

私はトマトとペッパーの苗の間に、バジルの種を時期を分けて撒いて、長い間楽しみたいと思ってます!

種を購入

さて、だいたい何をどこに植えたいか決めたら、種と苗選びです。

契約時にサポートしてくれたアシスタントガーデンマネージャーの男性が、すごく菜園に凝っていて情報シェアが大好き!そんな彼から契約当日におすすめされたのは、こちらBaker Creek Heirloom Seeds.

定番もありますが、変わった種類も多かったので、比較する手間を省くために、ここで全部まとめて買ってみました!

直撒きできる種類だけ買ってみましたが、無難なのはスターターキットで、発芽させてから、植え付けるほうかもしれません。今までいつも直撒きで何とかしたので、今回もチャレンジ!

苗の購入 Yamagami Nursery

苗は定番の2か所で購入しました。

まずは、Yamagami Nursery

金曜有休をとって用事を済ませがてら行ったのですが、考えてることが同じの人が多いらしく、結構混んでいて駐車場がいっぱいでした!

カートは自分できれいに拭いて、いざ店内へ!

いろんな種類の苗がありますが、もう品切れのものも多数。特に日本のナス、日本のトマトはありませんでした。

たくさんある中から選ぶのはとても楽しいです!

こちらのお店のいいのは、ちゃんと品種によって区分を分けているところ。次のSummer windsは、バラバラなので選ぶのにちょっと時間がかかります。

苗は、小さいサイズで4-5.5ドルくらい。昔より値段が上がってますね~。

こちらで日本きゅうり入れて17種類ほど苗と、スプラウト用の種を買って、隣のSummer windsへ移動。

苗の購入 Summer winds

Summer windsはキャンベルにもあり、以前家庭菜園をしていた時は、ずいぶんお世話になりました。ポイントをためると割引してもらえるので、ガーデニングをされる方にはおすすめです。

今回はクパティーノ店にお邪魔しました。

こちらはYamagamiほど混雑しておらず、快適。

ただし難点は、先ほども書いた通り、品種によって場所が明確に分かれておらず、あちこち見て回らなければならないところ。

でもこちらでは、Yamagamiで品切れだった、日本のなす、Momotaroトマト、枝豆、しし唐を買うことができました!

合計22種類の苗を購入することができ幸せ。

翌日植えに行くまでは、ベランダで待機していただきました。

番外編  Nijiya と Kitazawa seed

以前ゴーヤを購入したことがあったので、一応帰りに立ち寄ってみた日系スーパーのNijiya.

日本のなす、きゅうりなどはありましたが、ゴーヤはなし。残念。でもお値段がNurseryよりお安めなのがいいな、と思いました。今回何も購入せず。

また、種を購入するなら、Kitazawa Seedsもいいらしいですね。

https://www.kitazawaseed.com/

Yamagami Nurseryに販売してますし、Amazonでも販売しています。友人は直接オンラインで購入して、配送してもらったといってました。

私もMolokeyhia(モロヘイヤ)の種を購入してみようと思ってます。今は畑に空きがないですが、どれか発芽に失敗していたらそこに植えたいなと思い。。。

植え付け

さて翌日、種と苗をもって畑へGo!

朝晩は涼しいのでまだ長袖ですが、気分を上げるため&長靴に合わせた格好をしていきました(苦笑)

コミュニティガーデン内は、マスクは必須です。

まずWorm castingsを全体に軽くまきます。

そして種と苗を指定位置に置いてみます。

ちょっと種の種類欲張りすぎたかも、、、と思いつつも、少しずつをいろいろ食べたいので、良しとします。

次に苗を植えます。穴を掘って、肥料と土を混ぜて、苗を入れて、土をかぶせて出来上がり。

トマトは下のほうの枝を取って、深く埋めるのがポイント。毛が根っこになるので、丈夫に育つといわれています。

苗が終わったら、次に種をまいて、土をかぶせて、肥料を軽くまきます。

最後に固形肥料を差し込んで、たっぷり水やりをして1日目完了!

あー、疲れた、と思っていたら、たまたま来ていた隣の畑のガーデンマネージャーが、「今年最後の収穫のキャベツだよ」、と言っておすそ分けしてくださいました!美味しそう!こんな立派な野菜が育てられるといいな~。

2週間ほど様子をみて、もし種の直まきで発芽に失敗していたら、余った種とスターターキットを使って、ベランダで発芽させてから再度植えなおしに行く予定です(苦笑)。

便利グッズ

まずは今回使った肥料。お店に行くのが面倒だったので、Amazonでまとめて購入しておきました。

オーガニック製品で揃えました。

肥料の種類は、育てるものによってまちまちです。窒素(N)、リン酸(P)、カリ(K)の割合がそれぞれ違うので、用途に合わせて選んでください。

Worm castingsはこちらではとても有名で利用している方も多いので初めて使ってみましたが、ちょっと値段が高いです。Amazonで小さいのを一つだけ買ったものの、200sqにはもう一袋必要でした。。。

トマトケージ 昔はAmazonで安く買えたのですが、もう同じのが売っておらず、質のわりに値段が高めの傾向にあったので、近所のHome depotで購入してきました。なかなか丈夫で質がよく、色もかわいいです。

竹の棒 ナスやペッパーを支えるのに便利です。また、きゅうりと豆の支柱にも使おうと思ってAmazonでまとめ買いしました。Home depotにも売ってます。

 

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる