簡単なのに国籍とわず大好評!アスパラの湯葉巻き揚げ 【プラントベース】

今回の”カナッペパーティー”チャレンジ3品目は、旬のアスパラを使った簡単湯葉巻き揚げにしました。

1品目は寿司もどき

2品目は、そばの実入り餃子

プラントベースシェフクラスのFBグループに投稿し、生徒およびシェフ先生方の反応を見たところ、今回の揚げ物は、寿司もどきと並ぶ反響でした。

ちなみにこのFBグループには日本人がほとんどいません。で、過去カナッペパーティーの模様を生徒の皆さんがアップしてらっしゃるのですが、私ほど反響の良かった人はなかなか見当たらないんです!

皆さんの評価のポイントは、見た目と種類の幅。日本っぽいもの3品と、ローフード、イタリアンを混ぜ、調理方法もかぶらないようにしました。その結果、まさかここまで受けるとは~!とちょっと驚きとともに、今後の自信にもつながりました。もちろん個人的にはもう少し美しく仕上げられたら、などの改善点はありますが、素直にうれしかったです。

試食いただいた友人(日本人女性)、お持ち帰りを試食いただいたアメリカ人男性に好評だったので、私にとって今後のパーティー定番となりそうです!

目次

材料 (6個分)

  • アスパラガス 12本
  • 湯葉 4-6枚くらい (大きさと状態にもよる)
  • 海苔 少し
  • 揚げ油
  • 天然塩

作り方 (所要時間15分)

  1. アスパラガスは穂先から12センチくらいに切りそろえ、上だけ、軽く下茹でします。
  2. 湯葉は指示通りに戻し、水気を拭いてから、1で準備したアスパラの穂先2本をまきます。
  3. 海苔を10センチx5ミリくらいに切り、3を巻きます。
  4. 揚げ油170度くらいで湯葉がかりっとするまで揚げたら出来上がり。

感想

さくっと揚げて、お塩でシンプルにいただくだけの超簡単レシピ。ですが、旬のアスパラのおいしさを味わえて、パーティーにも使えて、なかなか満足度が高いです。

アスパラといえば、食べた後、トイレに行くと独特の尿のにおいが気になる方も多いのでは、と思います。私もその一人。ずっとアスパラに入っている成分によるもので、アスパラを食べれば皆同じ匂いに気づいていると思っていました。

ところが、遺伝子によってその匂いをかぎ分けられる人とそうでない人がいる、というのです!

栄養には全く関係ありませんが、個人的にとても興味深い発見だったのでシェアさせていただきました(笑)

さてアスパラには、アスパラギン酸、ビタミンB群、ルチン、βカロチンなどが含まれています。アスパラギン酸によりミネラルが効率よく取り込まれ、エネルギーが生み出され、疲労回復につながる効果が期待されています。アスパラギン酸はソラマメにもたくさん入っているそうですね!

また湯葉は大豆と水だけでできており、タンパク質を構成する必須アミノ酸8種類を含み、鉄分、亜鉛、マグネシウム、イソフラボンなども豊富です。

簡単で、見た目もよくて、栄養も満点で、最高の一品です。

ごちそうさまでした。

プラントベースクッキングを本格的にオンラインで学ばれたい方はこちらから↓ 

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる