見た目はマグロそのもの!プラントベースで寿司 もどき(Sushi Modoki) 【PBWF/プラントベースレシピ】 

プラントベースシェフコースも残りあとわずか。

「5品のプラントベースCanape料理(日本語で言う一口前菜。手やフォークを使って1,2口で食べ終わるもの)を作る。量は4,5人分以上であること。味、香り、食感についてレポートでまとめる。」、というヘビーな課題が出ました。

献立を考えるのに一苦労しましたが、季節の野菜と日本のルーツを織り交ぜて、以下のようなメニューにチャレンジすることに決定。

  • 寿司もどき(ツナ風の赤ペッパー、いくら風のコーン)
  • そばの実入り餃子
  • レッドペッパークリスプ アーモンドパテ乗せ 自家製サワークラフト添え
  • ファッロとラディッシュ乗せレタスカップ
  • 湯葉巻きアスパラ揚げ

試食してもらった友人から、すべてお墨付きをいただきましたので、まず寿司もどきのレシピからご紹介したいと思います!

目次

材料 (3-4人分)

  • 赤ピーマン(Red paprika) 1-2個
  • コーン 1本
  • 炊いた玄米 茶碗2杯分
  • 海苔 適宜

    合わせ酢
  • 米酢 大匙2
  • シェリービネガー 大匙1 (なければもろみ酢や黒酢、米酢だけでも。何か風味があると玄米と合います)
  • 塩少々
  • しょうゆ 小さじ1/2

作り方 (30分 + 漬け込み時間一晩)

  1. パプリカの上の部分を切り落とし、中の種を取り出して、トースター、オーブン、エアフライヤーなどで焼き、真っ黒に焦がして皮をむく。私はエアフライヤーで15分ほど焼いたらうまくいきました。

  2. コーンはそぎ落として、軽くレンジでチンしておきます。
  3. ボールに合わせ酢を混ぜ、焼いてお寿司のマグロのネタくらいに切りそろえたパプリカと、コーンを漬け込み、冷蔵庫で1晩寝かせます。
  4. パーティー当日、たけた玄米ご飯に、3の漬け汁を入れて混ぜ合わせます。
  5. 玄米をお寿司のシャリのように握って、パプリカをのせたり、海苔を巻いてコーンを載せて軍艦巻きにすれば完成です!

感想

Sushi Modokiという言葉を、プラントベースフードアドバイザーのクラスで聞いて、とても気になっていました。

アメリカに住んでいても聞いたことなかったのですよ!

美しい写真の数々に、野菜でそこまで作れるんだー!と感動して、いつかどうしても作りたかったのです。今回の課題で、一番最初に作りたいものとして頭に浮かびました。

手先が不器用で、持っている調理道具が限られている私にでもできるもの、ということで今回の二品に決定。

玄米に混ぜたシェリービネガーが隠し味で、我ながらいい発想だったなーと自画自賛(笑)。特にパプリカとよく合いました。

塩分が非常に控えめであっさりしているので、友人にも大好評でした!

あと4品続きます。

プラントベースクッキングを本格的にオンラインで学ばれたい方はこちらから↓ 

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる