材料ほぼ2つでできる!カシュ―ナッツとプロバイオティックスで手作りクリームチーズ【PBWF/プラントベースレシピ】

プラントベースのローフードのセッションの一環で、Fermentation(自然発酵)Culture(特定の菌を入れて、培養する発酵)のレッスンがあったので、さっそく実習してみることにしました。

まず今回はCultureしたチーズから。

プラントベースのチーズやヨーグルトを作る場合は、ナッツやシードが主体となります。その時に活躍するのが、特定の菌(特にLactobacillus acidophilus と Lactobacillus bifidusが効果的)です。店頭に売っているプラントベースのチーズやヨーグルトに、Cultured/Culturesと書いてあるものを見かけたら、特定の菌で発酵させているものだとわかります。

逆に発酵させないで、レモン汁や栄養酵母などで風味をつけているものもあります。すぐに作れますが、発酵させた独特の酸味や味の深みはなく、Culturedとは書いてありません。

今回は、一番シンプルで作りやすい、カシューナッツと水とプロバイオティックスだけで作ったクリームチーズをご紹介したいと思います。3人試食してもらった友達、皆に絶賛でした!!

なお、利用したプロバイオティックスは、こちらです。

私は便秘症対策のために、毎日50Billionのプロバイオティックカプセルを摂取しており、腸が菌に慣れてしまうのを防ぐために、複数のメーカーのものを交互に利用しています。これ以外のメーカーのラベルも見てみましたが、Lactobacillus acidophilus は必ず入っていましたので、ほぼ皆さんがお持ちのものでもチーズ作りに使えるのでは、と思います。ただし、気にされる方は、VeganでDaily-freeと書かれたプロバイオティックをご使用ください。

目次

材料 (アペタイザーの量 4人分)

作り方

  1. カシューナッツを水につけ、一晩おきます。
  2. 水を切ったカシューナッツ、プロバイオティックス、水をブレンダー(ミキサー)にかけ、滑らかにします。
  3. 入れ物に入れて、ゆるくラップをかけ、一晩室温で発酵させます。
  4. 翌日、においをかぐと、少しだけヨーグルトのような香りがします。
  5. これで出来上がり!
    もっと熟成させてもいいようですが、私はまずこの状態でクリームチーズとして、前菜にいただきました!

感想

まず何も言わずにこのチーズを食べた友人二人は、ナッツベースとはわからず、あっさりしたクリーミーなチーズだな、くらいに思っていたようです。

カシューナッツと聞いて、えー!となり、もりもりと食べてくれました。お好みで天然塩をかけながら、野菜やクラッカーにつけて食べるとさらに美味しいです。

翌日、別の友人が来たときは、バジルをたっぷり混ぜてみました。

これをクラッカーに塗って、スプラウトと一緒におしゃれな前菜に。

これもまた好評で、お代わりもしていただけました!

友人の誕生日お祝いも兼ねていたので、シャンパンと一緒に。

とてもいいペアリングで、美味しくて健康にもいいって最高!

友人にも喜んでもらえて、プラントベース食生活を始めてよかったなーと思う瞬間です。

ごちそうさまでした~!

プラントベースクッキングを本格的にオンラインで学ばれたい方はこちらから↓ 

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる