ビタミンたっぷり色鮮やか!生シイタケマリネでチャーハン風カリフラワーライスのローサラダ【プラントベースレシピ】

ローフードのマリネベースは、油と塩と酸で構成され、甘味はオプションです。

だいたいどの国の料理を作るか決めたら、その国の料理によく使われる調味料を組み合わせ、マリネベースを作ります。そこに野菜やナッツなど漬け込み、料理に使います。

マリネベースを多めに作っておいて、少量取り出してアクセントとなるハーブや香辛料を都度変えて混ぜれば、1週間、同じベースでいろんな味付けのローフードが楽しめますよ、というのが今回のレッスンの趣旨。そうすれば忙しくても、ローフード楽しめるでしょう、と。

今回、ベースを決めて、何かフレーバーを追加し、それを使って最終的に出来上がったローフード料理を提出する、という課題が出ました。考えた結果、和風なベースで生シイタケをマリネして、(ローフードでご飯が使えないので)カリフラワーでチャーハン風サラダにすることに決定!

美味しくできて、点数も満点いただけましたのでシェアしたいと思います。

目次

材料(4人分)

  • カリフラワー 1個 小房に分けておく
  • しいたけ 4枚 スライス
  • 赤パプリカ 半分 薄くスライス
  • わけぎ 4本 小口切り
  • ケールやホウレン草など生で食べられる緑黄色野菜 ひとつかみ分 1センチくらいの幅に切る
  • ニンジン 2本 皮をむいて千切り
  • カシューナッツ 適宜
  • ゴマ油 大匙4
  • たまり醤油 大匙4 (グルテンフリーにこだわらなければ濃い口しょうゆでOK)
  • 米酢 大匙2
  • 天然塩 少々
  • レモンかゆず 皮のすりおろし 小匙1
  • しょうが すりおろし 大匙1

作り方 (所要時間 30分)

  1. ベースマリネ液を作ります。ボールに、たまり醤油、ゴマ油、米酢、塩少々を入れて混ぜます。
  2. 今回は全部の量を使うので、そのままこのボールの中に、シイタケを入れて15分以上マリネ。
  3. マリネしている間、野菜を準備します。カリフラワーは、フードプロセッサーに入れて、米粒くらいの大きさに粉砕します。

  4. その他の野菜と一緒に大きめのボールに入れ軽く混ぜ合わせます。
  5. その中にマリネしたシイタケと、マリネ液、ショウガ、レモンの皮を入れて、混ぜ合わせます。
  6. お皿に盛り付けて完成!

感想

実は、カリフラワーライス、というものを作ったのは初めてなのですが、思ったよりも簡単なのですね!

アメリカで、低糖質だからとダイエットで一時流行って(まだ?)、ピザ生地などにも使われたりしていましたが、試したことがなかったんです。

生シイタケも、マリネするとしっとりして美味しいことが今回判明。

生野菜だけだと体が冷えるので、ショウガをきかせてみたのは正解でした!

生野菜のシャキシャキ感、シイタケのしっとり感、カシューのクリーミーな独特のナッツ感が、今回のベースでうまく調和され、飽きません。

数口食べた後、写真と感想とともに課題を提出たら、中途半端に余っていたフェンネルのスライスを混ぜて、ワインと一緒にいただきました。

フェンネルを加えると味がぐっとイタリアンに近づきます。
ワインは家にあったフランスのサンセール。ソーヴィニヨンブランベースなので、野菜とよく合います。

ベースのたれを少なめにしているので、野菜自体の味とワインの相乗効果であっという間に一皿食べられました!

新しい味の発見と美味しくて健康的な一皿に今日も感謝です。ごちそうさまでした。

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる