大豆ミートTVPでうまみたっぷり!簡単ヴィーガンそぼろ丼 【プラントベース/グルテンフリーレシピ】

プラントベース料理を食生活に取り入れる際、一食あたりのプロテイン量を考えることはとても重要です。野菜だけだとプロテイン不足になって、健康と美容のための食生活にはなりません。

ちなみに女性の一日あたりの推奨プロテイン摂取量は50g
プラントベースのたんぱく源は、豆、グルテン、ナッツなどです。
私のように朝はナッツとプラントベースミルク入りスムージーの場合、昼夜1食ずつ20g以上を目指したいところです。

実は、お恥ずかしながら、プラントベースの勉強して栄養と健康を考えるようになるまで、プロテインをちゃんと計算して摂取したことがありませんでした。

それまでは、味と、料理がコースとして成り立っているか、ワインに合うか、ということにしか力を入れておらず。。。そりゃ肌の調子や体調が万全なわけないですよね。。

その反省を生かして、今は、美味しさと健康を両立できる食事を目指し、味だけでなく、様々な栄養のバランスを考えるようになりました!

今回は、アメリカの大豆ミート にあたる、TVP(Texturized Vegetable Protein)を使って、プロテインたっぷりで簡単な晩御飯を作ってみました。

後述:ちなみにこちらの製品はおそらくNon GMOではありません。知らずに買って使っていました。。。Non GMOならこちらをお勧めします。

目次

作り方 (3人分)

  • 大豆ミートTVP) 1カップ分 (パッケージの指示通りに戻しておく。2~3カップくらいの量になります)
  • ニンジン 1本 (千切り)
  • しょうが 1~2片(みじんぎり)
  • にんにく 2かけ (みじんぎり)
  • 青ネギ 3本 (青い部分を少し飾り用にのこして、残りはみじん切り)
  • しょうゆ 大匙3 (Tamariを使うとグルテンフリーになります)
  • 黒糖かブラウンシュガー 大匙1
  • サラダ油 大匙1
  • 鷹の爪かレッドペッパー 少々
  • ごま油 大匙1

作り方 (所要時間10分)

  1. 大豆ミートを戻している間に、フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、ねぎ、しょうがを香りが出るまで炒めます。
  2. 鷹の爪と黒糖を加え、軽く炒めます。
  3. ニンジンも加えて軽く炒めます。
  4. 大豆ミートを加えて軽く混ぜたら、フライパンに押さえつけるようにして、軽く焦げ目がつくようにします。頻繁にかき混ぜすぎないように。
  5. ほんのり色がついてきたら、しょうゆをたらして、火を止めて、ごま油を回してできあがり!
  6. 玄米、アボカドなどと一緒にお召し上がりください~

健康へのベネフィット

今回利用したTVP。戻していると大豆の優しいかおりがぷわーんとしてきます。

栄養利用したボブさんのTVPは、1/4カップで12gのプロテイン。

今回の分量だと一人当たり1/3カップくらい当たり、これに玄米のたんぱく質も追加するとこれで一食ぎりぎり20gくらいです。

プロテインは、20種類のアミノ酸の結合でできています。

体内に摂取されたプロテインはアミノ酸に分解され、角質層の潤いを守る天然保湿因子の材料になる美容に欠かせない大切な栄養素です。

その他、繊維、ビタミンB群、カルシウム、イソフラボンも多く、大豆製品最高ですよね!目指せ、美肌と便秘解消の私には必須です(笑)

感想

基本的に添加物なくても加工されたものはあまり好きではないのですが、そんなこと言いだしたら何も食べられませんし、食生活の楽しみが減ってしまいますよね。

たまには手抜きで新しいものを取り入れてみたいと思ってためしてみたところ、結果大正解!

鶏のそぼろみたいな見た目で、味もそれほど癖がなく、それ自体のうまみもありますが、しょうゆとブラウンシュガーとの相乗効果でさらにうまみが増え、薬味とごま油も加わることでごはんが進む最強の一品。

ゆでた大豆、豆腐、納豆もいいですが、たまにはこういうのもいいですね!

ごちそうさまでした~!

プラントベースクッキングを本格的にオンラインで学ばれたい方はこちらから↓ 

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる