美容効果満点 ミニ青梗菜のごま油パクチードレッシング【PBWF/プラントベースレシピ】

先日、旧正月のお呼ばれで中国にゆかりのある友人宅にお邪魔させていただきました。

上海地方の料理をケータリングするとのことで、紹興酒と合う、とおっしゃるので、急遽紹興酒を求めてLionという中華スーパーマーケットに行ってきました。最後に行ったのは、4,5年前でしょうか?何となく独特のにおいや野菜の農薬が気になって足が遠のいていました。

久々に行ったので野菜売り場をゆっくり見てみたのですが、さすが、アジア系の野菜の種類が豊富!紹興酒だけ買いに来たのですが、フォーに使うためのミニ青梗菜と使うタイバジル(あまり普通の米系スーパーにはない)を買いました。結局紹興酒も10年物を見つけることができ、久保田の大吟醸も入手できて、久々のLion、悪くなかったです(笑)

さて、ミニ青梗菜が袋に大量に入っており余ってしまったので、せっかくなのでかわいい見た目と味を活かして、そのままシンプルにいただくことにしました。

目次

材料(2人分)

  • ミニ青梗菜 (なければ普通のでもOK) 14株くらい (普通のなら2-3株)
  • ごま油 大匙3
  • 米酢 大匙1~2 (お好みで調整ください)
  • パクチーのみじん切り 大匙2くらい (お好きなだけ)
  • ラー油 少々
  • 山椒 少々
  • 海塩 少々 (ドレッシングに入れるお塩はフルールドセルや粗塩などミネラル感のあるものがおすすめ!)

作り方(所要時間10分)

  1. 蒸し器をセットします。お湯をしっかり沸かしてください。私は蒸し器がないので、代わりにルクルーゼの鍋に、アジャスタブルのOXOの蒸しざるを使っています。ぴったりはまってとても便利です!もちろん小さい鍋にも入ります。
  2. 青梗菜を洗って二つに割ります。小さすぎるのはそのままで。
  3. 蒸し器に青梗菜を広げて、ふたをして5-10分お好みの硬さになるまで蒸します。途中でひっくり返してください。
    あまり蒸しすぎると緑色が焦るので気を付けてください。
  4. その間にドレッシングを作ります。青梗菜以外の材料を小さなジャーに入れよく振ってビネグレットにします。
  5. 蒸しあがった青梗菜をお皿に並べて4のドレッシングをかけて出来上がり!

健康面でのベネフィット

メイン食材である青梗菜。これについてのカロリーと栄養が細かく書いてあるサイトを見つけましたので、詳しくはこちらをご参照されるとよいかと思いますが、大まかに抜き出すと

チンゲン菜のカロリーは、1株8kcal。

100グラムあたり9kcalのチンゲンサイは、タンパク質・脂質・炭水化物が少なく、ビタミンKや葉酸の栄養素が多く含まれるカロリーが低い野菜で、青軸のものを「チンゲンサイ」白軸のものを「パクチョイ」と呼ぶ。

チンゲン菜(1カブ)の食物繊維量は1.02グラム、糖質は0.68グラム。

カロリーSlismより引用

というわけで、カロリーが低くてビタミンなどはきちんととれる優れもの野菜であることがわかります!

さらにパクチーには、ビタミンB1、B2、C、 Eと、体内でビタミンAに変わる、β(ベータ)カロテンが豊富に含まれており、免疫力を高め、体を疲れにくくし、肌をきれいにしてくれるんです!たっぷりドレッシングに入れて、若返りましょう(笑)

マインドフルになれるポイント

なんといっても香りと色でしょうか。

ドレッシングを作っているときの香ばしいごま油の香りと柔らかい米酢の香り。山椒を挽いて、そこのパクチーも入れて。。。思い出しただけでもうっとり(笑)

出来立てにドレッシングをかけるとさらに香りが立ちます。色はきれいな緑に、ラー油の赤色が少し映えます。

食べるとシャキシャキで、青梗菜の独特な風味とパクチー、ごま油、米酢が絡み合い、時々ヒットする山椒とラー油の辛みが何とも言えません。

シンプルであっという間にできてしまいますが、とても美味しい一品でした。

ごちそうさまでした。

ブログ村リンク

Cook Eat Be Happy! - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる